日本農業技術検定をとりたい!1級なら就職に有利か?おすすめ本を紹介

日本農業技術検定とは

日本農業技術検定は、農業を仕事としたい農業高校の生徒や大学生、就農準備校の受講生などに対して、効率的な研修教育の促進を目的に実施される、全国農業会議所が実施する民間の検定試験です。
農業従事者の高齢化や後継者不足など、課題山積の日本の農業ですが、農産物のクオリティーは世界屈指の高さを誇っています。農業法人などへの新規就農の促進、または就農後の技術育成を目的に、農林水産省と文部科学省が後援しています。

農業について実務的な知識や技術・技能を試すことができ、1級から3級まであります。

履歴書への記載方法

「令和○年○月○日 日本農業技術検定1級 合格」のように正式名称で記載します。

農家(農業従事者)の年収

専業農家の年収は約200万円

専業農家の平均年収は200万円程度です。

実家が農家の場合は、農地やトラクター等の農業機械が既にあることが多いので、農業を継ぎやすい環境にありますが、定年後や脱サラをして全くのゼロから専業農家を始めるのは、ほとんど儲からないのが現実です。

ただし、自給自足が可能であることや、自治体によっては家や農地をセットで貸してくれるところもあるため、相当の覚悟をもって、専業農家になる人もいます。

日本農業技術検定は転職・就職に有利な資格か?

農業についての知識・技能水準を客観的に評価できる検定のため、農業大学や農業大学校の入試において優遇されたり、農業法人での採用試験において有利な資格になります。

ただし、 日本農業技術検定は平成19年度から開始となり歴史が浅く、農業法人を経営している方や、限られた関係者しか知られておらず、社会的にメジャーになるまでにはまだまだ時間がかかりそうです。

3級は合格率も高く、少し勉強すれば合格できます。そのため、農業法人や食品関連の会社で確実にアピールするためには、1級に合格する必要があります。

おすすめ本

試験概要

受験料・合格率

受験料
3級4,200円(団3,350円、団体学割1,400~2,100円)
2級4,700円(団体3,800円、団体学割1,600円)
1級5,600円(団体4,600円、団体学割4,600円)

【3級】の受験資格者

誰でも受験できます。

【2級】の受験資格者

〔学科〕誰でも受験できる〔実技〕学科合格者

【1級】の受験資格者

〔学科〕誰でも受験できる〔実技〕学科合格者。2年以上の就農経験者で、協会が定める事項に適合する者

タイトルとURLをコピーしました