テンバガー(10倍になる銘柄)よりも3倍銘柄を狙え!

テンバガーとは?

株価が10倍になる銘柄を「テンバガー」といいます。由来はアメリカで、野球の塁(ベース)をBag(バグ)といい、ホームランを「フォーバガー」ということから、10倍となることを「テンバガー」というようになりました。

テンバガーを3回当てると、働かなくてよいという話も聞いたことがあります。確かに、100万円で始めた人が1回テンバガーに遭遇すると1千万円、1千万で2回目のレンガバーに遭遇すると1億円、1億円で3回目のテンガバーに遭遇すると10億円となり、働かなくてよくなりますね。

3倍銘柄を狙え!

仮に10倍銘柄を買えたとしても、連続ストップ高の波に乗れたとかの特殊な事情がない限り、3倍くらいになったら売却してしまうのが人間の心理だと思います。

個人的には10倍銘柄を3回出会うことよりも、3倍銘柄に10回出会うことのほうが現実的な戦略かなと思います。

そして、3倍銘柄を探すためには「低位株」を狙っていくことが必要だと考えます。

以前の投稿でも紹介しましたが、小型株とは、時価総額の小さな銘柄のことをいいます。時価総額は、発行済み株式数に株価を掛けた金額でのことで、企業を丸ごと購入する考えた場合に必要とされる金額のことです。

この金額が300億円以下であることを、低位株ということができます。時価総額が小さいと、何かサプライズなニュースが出ると、短期間で大勢の人が集まり、一気に株価が上がり始めます。大型銘柄で数年で3倍銘柄を見つけても、資産を短期間で増やすことはできません。

短期間で3倍銘柄を狙うためには、小型株を集中的に分析して、資金を投入することが必要です。

株価が小さい銘柄を狙いたい

株価に値幅制限があります。

値幅制限とは、ストップ高やストップ安の時に動く株価の範囲のことで、1日のうちに株価が動きすぎることを制限する役割を持っています。

値幅制限のおかげで、ビッグニュースやサプライズが出たとしても、1日で株券が紙くずになってしまったり、1日で大金持ちになるようなことはなく、何日かかけて状況を冷静に判断されていくことになります。

そして、値幅制限は、基準価格である株価が大きくなるほど値幅は増えていきますが、値幅率としては株価が小さいほど大きくなります。

値幅制限の一部を以下に記載します。

     基準価格(前日の終値)値幅
        ~  100円未満   30円
100円以上  ~  200円未満50円
200円以上  ~  500円未満80円
500円以上  ~  700円未満100円
700円以上  ~ 1000円未満150円
1000円以上 ~ 1500円未満  300円

例えば、1000円の株価を持っていた場合、ビッグニュースが出てストップ高になると、1300円まで上がるため、増加率としては30%上がることとなります。

一方で、100円の株価を持っていた場合で、同じくビッグニュースが出てストップ高となると、150円まで上がるため、増加率としては50%上がることになります。

そのため、株価が小さいほど、インパクトのあるニュースが出た場合や仕手化した場合に、うまみは大きく、株価が小さい銘柄を好んで狙う人も多いです。

結論!小型株で株価が小さい銘柄を探していく

時価総額が300億円以下の小型株で、株価が300円以下の株銘柄を探していきます。

目標は、100万円投資で、年間で3倍銘柄に3回に出会うこと。

撮らぬ狸の皮算用では、100万が300万円、300万円が900万円、900万円が2700万円となる想定です。

タイトルとURLをコピーしました